2019年1月14日月曜日

新年2019

新しい年こんにちは! 伊藤文子です!
新年早々記事をアップするのが遅くなってます。
というのもちょこちょことFBではお知らせを書いておりまして
こちらの更新がすっかり抜け落ちておりました。
なんと成人の日になってしまいました!

SNSの使い方というのが中々難しいと感じています。
世の中のものは念でどうにかなればいいのにとか
思ったりしておりました。

昨年のお知らせで書いていた通り、体調が万全でない年末年始で
なんだかなぁと思っていましたが、
初日の出はなんだか穏やか、そしておみくじは昨年秋以来の
大吉続きと、なんだか運だけは良さそうかなというところ。
どちらにしても私の場合はとにかく信心というワードが出てきます。
そして世のため人のため。真にそうなればいいわ〜。

ご来光でございます

新年の東京は少し空が綺麗 from スカイツリー

座右の銘の通り生きろというお達し?!
「情けは人の為ならず」 奉仕と信心に邁進か!!


1月、2月は3月に向けての準備ができればというところ。
今の所やっぱり決まっているのは秋の個展です。
こちらは日程の詳細は出ていません。
昨年のことを思い出し、この時期に原さんにお声かけしたなぁ、と
物思いでした。
今年もいいお知らせをたくさんできる年になりますように!

ではまた!
Velkomme 2019!  Tusen takk!

2018年12月31日月曜日

私と2018年

ここ数年の中で類を見ないほど絶不調の年の瀬、伊藤文子です。
クリスマスにインフルエンザに罹患し、
今まで養生が続いています。
2018年を終え新しい年を迎えるにあたり思ったことをつらねました。
これからもいいことがたくさん続けと思う。



今年は割と人に会ったかなと思います。
そして何か終わりや始まり、大きな通過点という
出来事を感じる時間が多かったです。
生と死、光と陰、創造と破壊、正と負、
そういったふたつでひとつの等価値の動きが
常に側にあったように思います。

そもそも2017年にノルウェー好きピアニストさんに
ひるねこBOOKSさんを紹介してもらったのが始まりで、
個展に着手でき、個展を見にきた竹馬の友の役者さんが
2018年のはじめに衣装・グッズデザインの依頼をしてくださり、
その関連でfuccaさんと出会いご縁ができ、そして、
2018年の個展に向けて新しい展開を考えていた時分に
ハーディングフェーレの職人さんにお会いして、
作品創りに取り掛かりノルウェーでは
今まで挑戦してこなかった母国に触れ、新たな布絵本を作り、
生地、お話、色、音楽、ノルウェーと贅沢にふんだんに
過ごしたのかもしれません。音楽の要素はなぜか大きかったなぁ。

音を聴いて描く作業をしてきたからだろうか、
色と音の周波数はどこか互換性があるように思います。
今の所、年の瀬という感覚が全くなく、
私そのものの時間軸の中にいる気がします。来年は確実に来るのだけど、
いまの時間の続きで繋がった出来事のように感じます。
言うなれば来年も同じ教科で別の課題に取り組むという雰囲気になる気がします。
私には越えないといけない課題がきっとまた来年あって、
それが少し果たされた時に新しい光が差すように思うのです。
これは今まで見てこなかった景色になるのかもしれません。

今年繋がり、交わりを持った方とはこれからも関わって行きたいと
そう感じています。私がずっと大切にしている「あったかさ」は
誰もが持っていてとっても近くて、でも遠くに忘れてしまっている、
いのちそのものの形。心の奥の神様みたいな、そんなものでした。
今まで感覚で好きだと感じていたものへの理解が深まり、
共鳴して意味を知るという作業が出来るようになってきた気がします。
本当の自由を見いだせればきっとみんなもっと幸せなのに。
これらすべてに気づくことができるのが、ノルウェーで布で、
音で、絵で、色でした。
これを品物にするのはとっても難しいことです。

でもだからこそ、手にとってふんわりあったかい気持ちなる、
いつもそっと側にある、ちょっぴり特別で素敵なものを
作って行きたいと思っています。
ノルウェーのエッセンスがあって、あったかい感じがする、
それがノリーカなのかな、そう感じた日でした。

ではまた来年!

Tusen takk for 2018!










2018年12月18日火曜日

西武渋谷 A館7階

世の中クリスマスだらけ。伊藤文子です。
緩やかなような、忙しいような、季節です。
作ったり、出したり、なんだかんだ、です。

本日12月18日より西武渋谷店に出展いたします。
いわゆるシブセイです。
バッグオーダーも私のいる時は受け付けています。
布絵本はこちらではオーダーではなく現品販売しています。

私がいるのは本日12月18日、23日と
最終日24日は少しだけです。

++++++++++++++++++++++++

西武渋谷店 A館7階
ウェークリーショップ
ものを創るもの達
12月18日(火)〜24日(月)

++++++++++++++++++++++++




渋谷に来たら、西武へどうぞ!
あの有名な交差点からすぐ近くですよ!

ではまた!
Tusen takk!

2018年12月14日金曜日

急にお邪魔します、レソノサウンドさん。

体の冷えに耐えかねます、寒い気持ちの伊藤文子です。
とても急なお知らせ。

個展でコラボした原圭佑氏のシリーズを持って
レソノサウンドさんというところにお邪魔する予定です。
急なので、会場でお会いした方にこんにちは〜
ということになりそうです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
12月15日 13時より
北欧セッション なるイベントでございます。
レソノサウンド にて
JR巣鴨駅から徒歩3分くらい

私は16時以降に伺う予定です。
イベントの詳細はレソノサウンドさんのページから
ご確認ください。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

個展には出していたなかった柄です。

個展で迷って出していなかった柄のポシェなど持って
お邪魔する予定です。
販売して良いとのお許しを得たので、会場にいらっしゃる方は、
クリスマスプレゼントにどうぞ!

絶妙に内容を弁えてないのですが、演奏会の他に何やら持ち寄りの
お食事もあるとのことです。
さて、何を持って行こうやら。
ノルウェー料理というくくりのリクエスト、時々もらうんですけど、
いつもなんだろな〜と思ってます。 茹でたじゃがいも・・・かな。
あ、スープ・・・は持ってくの大変だな〜。


ではまた!
Takk!


2018年12月12日水曜日

西武渋谷店 販売情報

みかんのことを考えます。いとうあやこです。
なんだかジューシーなみかんが欲しい気分です。
この時期ノルウェーではみかんみたいな果物が
盛んに取り入れられます。クリスマスのアイコン的果物です。

そんなさなか、ノリーカからは西武渋谷店での販売情報です。
渋谷店のウィークリーショップで販売をします。

西武渋谷店
7F サンイデー
12月18日(火)〜24日(月)
物を創るものたち
西武のサイト


個展からの引用ですけど、ここにあるものからも出しますよ〜。

18日、23日に店頭におります!
西武で皆様お会いできるといいなと思ってます!

ではまた
Takk for lesa den!

2018年12月9日日曜日

1to1 bookseller

夜な夜なサッカー観戦、いとうあやこです。
毎日思います。本当にこの季節の夜は黙々、黙々。
とってもものを作りたくなります。

夜があけなければ、ずっと作れるのに。
と思うけど、実際そのような環境下のノルウェーでは
鬱々として、暮らすのが大変だったな、と思っています。

さて、えー、おそらくFBの方ではお知らせしていましたが、
ジン「月と太陽の指輪」と絵本「ノリーカ ハルダンゲルへ」の2点で
販売イベントに参加いたします。
今年のはじめに参加させていただいた企画で、今回2回目となります。

絵本作家の加藤ふじこさんという方が企画されております。
色々な絵本作家さんから読み手の方に届けるという
趣旨のイベントです。一人のための一人の出版社。
ふじこさんの絵は暖かく、そして本当に絵本らしさのある
優しい気持ちにさせてくれるものが多いです。
近頃はちょっぴり大人っぽさを取り入れているようです。

1to1 Book seller アイコンになっている
ふじこさんのイラストです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1to1 Bookseller
12月10日(日)〜12月19日(水)
絵本専門のリサイクルショップ 「えほんのがっこう」にて
西武新宿線 武蔵関駅下車 徒歩3分
177-0051 東京都練馬区関町北4-2-15五十鈴ビル2階
詳細はこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

絵本作家さんに触れると、私は明らかに絵本作家では無いと
感じるんですが、かといってテキスタイルデザイナーさんに触れると
そちらでも無いと感じます。
ちょうど中間であんまり他に居ないタイプな気がします。
ざっくりとアーティストというやんわりしたくくりに入れたほうが
無難なのかな?と思うこともあれど、、、
私のテキスタイルにはノルウェーにちなんだ物語があるんです。
語るテキスタイルなのかな・・・。

ではまた!
Takk for nå!


2018年12月6日木曜日

12月こんにちは!

暗闇の季節こんにちは!いとうあやこです。
夜型人間全開です、良ろしく無いことこの上ないのですが、
この季節の夜は黙々としていて、意外と好きです。


さて、今日は個展の時にブックカバー 、ポーチでお世話になった

Fuccaさんに行ってまいりました。

Fuccaさんは福祉関連の施設です。
ヌウ・ツクル・ツナグというのがテーマになっているようで、
ごっそりとコピペさせて頂くと以下のようなテーマで物作りをされています。
「誰もが幸せに笑顔で暮らせる社会を目指して、障がいのある方と共にモノツクリをしています。手作業を通して生まれる自由な発想をカタチにする!そして、今あるモノを大切に!モッタイナイ精神でリメーク・リユースも心がけています。」
webはこちらです→Fuccaさん


fuccaさんとは不思議なもので5月の朗読劇なかがわ・なかがわでお会いして
今回渋谷フォントというpop upの最中に私の個展のために
ご協力いただきました。
私も縫ったり、作ったり、そしてだれかと繋がっているなーと思ったり。
出会いとは素敵で不思議なものです。
さて、fuccaさんは笹塚にありまして、同じ建物の中にカフェスペースも
あったりします。

今日はここでお昼をいただいたのでちょっとだけご紹介です。
カフェです

美味しいパン
ソーセージのパンと、ちくわのパンをいただきました。
美味しい!


同じスペースに布小物もあります。
アトリエfuccaさんの品物です。


コーヒーなどの飲み物もあります。いい時間を過ごした日でした。
この後、谷中でカールラーションのチケットを手に入れた日でした。

ではまた!
Takk!