2018年8月16日木曜日

ノルウェー語と私 その10

時間調整が下手、いとうあやこです。
現地8月15日(水) 曇りのち雨16度。

今日はいちにち外に出ず、ちょこちょこと絵を書いたり、
物思いにふけっておりました。我ながら贅沢ですね。

シリーズ、ノルウェー語と私その10です。
前回は言語の何を聞いているかという話でした。

制作途中の絵


ノリーカ の翻訳にあたって思うことがちょこちょこっとあるので
書き連ねておきます。
ノリーカ に使われているのはニーノシュクです。
以前もこちらに書きましたが、基本的には首都オスロ近辺では
ブークモールが使われています。
ですので、無理やり標準語はどれかと問われればブークモールが
それに当たるのかなと思います。
日本人はやはりブークモールの勉強をされている方がほとんどです。

ノリーカ はハルダンゲル地方近隣が発案の元になっているので
その辺りで使われている言葉ということでニーノシュクを
使っています。もともと言語が苦手な私なので、
全てを感覚で捉えて今までやってきました。
ですので、翻訳は本当に骨が折れます。
まさしく本当に頭がいっぱいになります。

ではどうしてノルウェー語、日本語を両方のせようと思ったのかというのは
絵本のあとがきにもありますが、
文字を目で見てノルウェーを感じて欲しかったということが一つ。

また、ノルウェー語と日本語の間に英語を介していないことで
より私の感じる空気を伝えられるのではないかと考えたこと。
そしてもう一つはこういう本があったらきっと楽しく
勉強できるんじゃないかなぁ。と思ったからです。
個人的にはノルウェー語の勉強は今でもやりたくないです。でも
絵があって日本語もノルウェー語も両方載ってたら楽しいかな?
そういう思いが常に頭の片隅にあります。

ノルウェーでは難読症の方も楽しめるLydbokという朗読CDが
よく見られます。これは図書館にもあり、
誰でも簡単に借りることができます。
私のように読むのが苦手さんにはもってこいなんです。
しかもノルウェー語独特の抑揚や、またニーノシュク特有の発音など
含めたものができたら楽しいだろうな、そう思います。

ノリーカ もLydbokまで作れたら、完璧だなと、そんな思いを
抱きつつ、翻訳に励んでいます。

ではまた!




2018年8月15日水曜日

日本はお盆か。。

帰りたくないような、日本が恋しいようないとうあやこです。
8月14日(火)晴れ17度。

日本はお盆だなぁ、なんて思っています。
迎え火、送り火、こちらにいると無縁ですが、
ご先祖様を思う日本の心はいいものだなぁと思います。

さて、ここのところKofteの図案でお手伝いをする事が多く
う〜ん自分の作業もあるけど、お手伝いもと、
バランスを取るのが難しいです。

何にもしていないようで、ブログを書いているだけで
時間を取ってしまったりと、日本にいても
ノルウェーにいても3人くらいは自分が欲しいなと思ってしまいます。
絵本を書く上でそう言った、あったらいいなぁ〜
みたいなことが発想の源になっている事が多いです。
まさに「あんなこといいな、できたらいいな」みたいな感じです。

ですのでそれを漫画にしてしまった藤子不二雄先生は
本当に偉大だなと思ってしまいます。
ノルウェーでの経験は沢山のものを与えてくれています。
今もなお色々な方にお世話になり、感謝ばかりです。
毎日おとぎ話の中みたいな気分で楽しいです。

でも育った日本でも各所で本当に素敵な表現を感じてきたと
思っています。
私の絵や布など作ったものが、そのどちらも感じられる
温かみのあるものであればいいなと願ってます。
皆さんの手に届けられればな〜と言う気持ちです。


Tusen takk ありがとうと言う意味です。

ではまた!
Takk for lese!

2018年8月14日火曜日

ビーズ

秋の足音、伊藤文子です。
8月13日(月) 晴れ、15度くらい、ここのとこ爽やか。

続々と絵を描きたいのですが、なんか全然違うことをしなければならなくて
意外と何にもできてません。

実はずっとやってみたかった事があって今回材料を持ち込んで
作ってみました。
ナチュラルで綺麗な石をずっとそのままとっておきたいなぁと思って
レジンクラフトに手を出してしまいました。



レジンで作ったビーズ

綺麗です。レジンは紫外線で固まるものを使っていますがこちらの太陽は
紫外線が強いようでどんどん硬化して行きます。
この紫外線を浴びているのかと思うと、それはそれで怖いです。

ポーチや何かのボタンとかにできたらいいなぁ。

綺麗だなぁ。
ではまた!




2018年8月13日月曜日

日曜日のベリー摘み

他人の家で寛ぎます、伊藤文子です。
現地8月12日(日) 晴れ、過ごしやすい気候。

久しぶりに晴れが続きます。今日もいい天気だった!
昨日に引き続きベルゲンにおります。
友人Kのお宅にお邪魔です。

K宅からベルゲン中心街のKODEという美術館に行こうと
思ったのですが、なんかのんびりしてしまいました。
結局1日中K氏のお宅でのんびりさせてもらって、ベリー摘みを
拝見したり、お庭仕事を手伝ったりと普通の日を過ごしました。

ノルウェーでは野種のブルーベリーが沢山見られます。
そしてこのベリー、積むための専用の道具があり、これが結構
優れものです。
私は今まで使った事がなかったのですが今回ちょこっと体験しました。
ブルーベリーもまた、季節ものなので摘み逃すこともあって
自然を感じてます。

これがベリー摘み専用器具



積んでるときはこんな感じです。

実に沿ってザクッと掬うように動かします、すると身だけ綺麗に
ポロリと取れます。優れものです。
今回は1キロほど取れましたが、取れるときは7キロくらいは取れるとのことで
今年の収穫は少なかったようです。

お店には子供が喜ぶカエル型もありました。

この日は本当にゆっくりケーキなどいただいて寛ぎました。
こういった日常の彩りを絵や作品に反映したいなと思っています。

ではまた!

2018年8月12日日曜日

素敵なコンサート

お出かけるんるん、いとうあやこです!
現地8月11日(土)、晴れ、16度。

なんと、バス代が!やすくなりました!!!!
これとてもありがたい!
今まではJondalからBergenまでKr.150ほどかかっていましたが
なんと半額のKr.74で済む事になりました。
すっごくありがたい!
公共交通機関を使いましょうという試みで値下げになったとのこと。
ありがたいです。住んでる時からこのくらい安ければ。。。

今日はベルゲンで開催されるミニコンサートに行ってまいりました。
この旅でお世話になっている安保みきさんがベルゲンの図書館で
コンサートをするとあってこれはもう、行かなければ!!
という事になったのです。

とても可愛いワンピース!
紺だと思ったら黒でした、よく似合ってる。


本の一節やテーマに合わせた曲目で本とピアノ演奏というあんぼさん
独自の切り口で行われた演奏会でした。
図書館には譜面の専用の部屋があり、そこがコンサート会場となりました。
あんぼさんの演奏は何度か聴いていますが、
今回は会場が狭かったせいか、ピアノの近くにいたせいかわかりませんが
とっても情感に溢れており、胸があつくなる演奏でした。

絵画と一緒に。。。

また、図書館に譜面専門の部屋があるというのはやはりヨーロッパ
ならではなのかなぁと考えたりしておりました。
日本ではあんまり見たことがないなぁ。

こういった環境があるからクラシックを学ぶ人はヨーロッパにくるんだな
と実感できました。

ノルウェー人の旧友と一緒に感激し、同じ時間を共有できたのが
楽しかったです。
その点では音というのは共有しやすくてちょっとばかり羨ましくなるのでした。
いい日であった!

おしゃれなあんぼみきさんのページはこちら

ではまた!

2018年8月11日土曜日

Noli-ka 2作目創作中

寒いけど、ココロがあったかかった伊藤文子です。
現地8月10日(金) 雨、風強し、12度。

さて、ノリーカ の秘密とともにノリーカ 2作目のお話です。
今日は雨で、工房のお片づけなどにも適さないので、
せっせと文面翻訳に取り掛かっておりました。

翻訳については前回同様Kristi氏に創作してもらっています。
前回の経験があるからこそスマートにいっているのかもしれませんが
彼女の集中力には毎度驚かされます。

幾日かかけて私の書いたテキストを口頭で説明し
彼女がそれを元にメモを取り、そしてノルウェー語文を
創作しております。
それを私が確認し、これであってるかなど見つつ考えております。

今日は雨のせいもあったのか、ノルウェー語文については
1日で集中してドサっと書き終えてもらえました。
確認と擦り合わせにはやはり時間がかかり、絵や
文面の表現、テキストの量など考えながら調整するので、
また来週頭を使うことになりそうです。。。

サンプル文字が邪魔ですみません
こうやって絵、文全体を見ながら作ってます。

私は翻訳家ではないので、なぜこんなことをやることになったのかな?
といつも疑問に思っていますが、やっていると
Kristiと一緒に創作ができる喜びを感じられて本当に嬉しい時間です。

前回はKrisiAneVevよりノルウェーでの出版でしたので、
今回は日本で印刷出版したいと考えています。
どういった方法をとればいいか、考えつつ毎日過ごしてます!
詳細は出てませんが、それでも予約購入希望!!という奇特な方は
ぜひご連絡ください→skinsand@gmail.com
あなたのために頑張りますよ〜!


ではまた!

絵本ノリーカのひみつ その6

Hei! Allesammen!
Det regner nesten kvar dag i de siste.
Eg trur ar eg kan plukke sopp ganske snart?!
Du kan se flere bilde av model til  figurene til Noli-ka boka!

雨だけど、前向き!いとうあやこです。
現地8月10日(金) 雨、12度。

雨でフィヨルドがもやおやしております。
フィヨルドは湖などと思われることもありますが、
れっきとした海です。
氷河によって形成された入り組んだ海岸線です。
なので、内海の様子はとても静かです。

絵本ノリーカ の秘密を少しずつお話ししております。
今日もちょっとだけどうぞ!

ノリーカ には不思議な登場人物(?)たちがたくさん居ます。
この子たちも1作目から登場しております。
彼らは個々の名前はありませんがクヴィストという生き物です。

Kvister クヴィスト君たち

このクヴィストたちにもちゃんとモデルがおります。

これがモデルです
木の下にどさっと落ちていたりします。

緑色の不思議な物体は地衣類という苔とキノコの間のようなもので、
空気の綺麗な場所で見受けられます。
Jondal近郊では普通にたくさん落ちてます。
日本でも冷涼な山奥で見ることができます。

老木にはこのように地衣類がどっさりついていたりします。


ひかりたなび国のタックツリー

作中で説明などはありませんが、この細長い木々はタックツリーと言う
名前がついているんですよ〜!ノルウェー語ではTakk treと書きます。
Takkとは感謝!と言う意味ですが、ありがとうという意で使います。
タックツリーは人々の感謝で大きく育つ木で、
大きくなるごとにtusen takk treやmange takk treと名前を変える
前向きな木です。素敵な生き物たちです。出世魚みたいでしょ?!
そんな木があったらいいなぁという思いで作ってしまいました。
Tusenは千、Mangeは沢山のなどの意味があるんですよ!

Takk treのモデル

ノルウェーは寒い国ですので、針葉樹が多く生えています。
松やもみの木などそういった木々がTakk treのモデルです。
みなさんに楽しんでもらえれば嬉しいです!


ではまた!
Takk for nå!