2018年7月16日月曜日

日曜のお出かけ

ベリー摘み疲れ、、、いとうあやこです。
現地7月15日(日)、気温22度。

毎日ベリーが本当にすごくたくさん生るので、もう、摘み疲れます。
だってもう冷蔵庫にも冷凍庫にも入らない・・・。

日曜日というのは何しろ店が開いていないので、
スーパーにも行かれません。
ホテル脇の小さなカフェや、ガソリンスタンドの売店くらいしか開いてません。
ですので、今日はHerandという場所にちょこっとだけ
ドライブに行きました。
ヨンダルからは2〜30分くらいでしょうか割と近いです。


何ということはないんですが小さなギャラリーがあったり、
夏用のhyttaがあったりと、ヨンダルを含めてこの近辺は
夏とっても人が増えます。

ですので、Herandまで行く途中のhyttaも旅行客がたくさん
とまっていました。

素敵な景色

可愛らしい器

ギャラリー3階部分のカフェ。


ひょっとしたらここは天国かなーと思うほど景色が綺麗です。
幸せすぎて、大好きーーーーーー!と叫びそうになります。

でも昨日からの引き続きの頭痛で、立て続けに痛み止めを飲んだせいか
かなり興奮ぎみだからのテンションかも知れません。

ではまた!
Takk for nå!

2018年7月15日日曜日

おりがみとノルウェー

ちょっと頭痛、いとうあやこです。
現地7月14日(土) 少し涼しめ。

今日は夏にも関わらず、長袖セーターという格好で
外に出ました。
カラッとしてるので、風が冷たいと、夏でもセーターが
便利です。
日本の暑さを思うと申し訳ない気持ちです。

さて、今日は展覧会で小さなデモンストレーションを開催
する日でした。
で、私は折り紙をやってみない?と言われたので、
6月から支度しておりました。

ほどなくして子供達が集まったのですが、こちらの園児は
スーパー元気な子が多く、多弁でどんどん質問して来ます。
あー、もっと話せたらいいのにと思うんですけど、
手仕事と同時にノルウェー語というのは本当に頭が疲れます。

小学生くらいの子も混ざってワイワイ降りました。
細かくおるのはやっぱり日本人の方が上手かなーと思いますが
こちらの人も手作りは大好きという印象で、
どんどん作ります。


みんなで折ります!

楽しい折り紙タイム

日本人というだけで、「折り紙をやって」と言われる事が多く、
微妙な気持ちになるんですが、これもまた奉仕だなーと思って
頑張ります。
頑張って気付いたらクローズの時間になってしまいました。

帰宅後は、ベリーが毎日熟れるのでこれまた
休むまもなく摘み取らねばならなくて
結構疲れるなぁと感じますが、
ベリーと戯れながら箱いっぱい摘み取ります。
さらにお散歩して体調調整します。

大量のラズベリーに熟れてるいちご
農家は大変だなぁ、、、。


今日は頭が痛くなってしまったけど、素敵な気持ちになった日でした。

ではまた!



2018年7月14日土曜日

時間がない気持ちになる!

再びやって来たお腹いっぱいの日々。伊藤文子です。
現地7月13日(金)、晴れ。

ここ何日か、自分の絵に集中する事ができるのに
なぜか、眠くなったり、ダラダラしたりと、怠け癖が出ています。

甘えずに頑張らないといけない、と思ったり、
気持ちだけはハードな気持ちになってます。

ちびちび描いていた10ページくらいの小さな本が
やっと塗り終わったりとかなり遅筆なので、
びっくりしてます。 どうしても何か作らなければ!
と思うとハードな気持ちになります。怖い!

と言いつつ、先日中古ショップで
可愛いボタンを見つけてしまったので、ついつい買ってしまいました。
ノルウェーも田舎っぽい国とはいえヨーロッパの
仲間なので、やっぱり可愛いボタンがコロコロ見つかったりします。

ひとつ18円くらい。

並べてみました。
これも使いたい、あれも使いたい!こんなのが描きたい、とか多すぎて
ちゃんと整理しないと、困ったな!と思いました。
なかなかいい買い物だった!

お試しで描いた絵

同じ絵を何度も描いたりします。描かなきゃ!
ハードな気持ちです。

ではまた!




2018年7月13日金曜日

思うところ。

みんな大好きだぜ!となる、いとうあやこです。
7月12日木曜日、晴れ。直射日光が熱いです。

晴れていて、フェリーでフィヨルドの海の上を渡ると
すごく清々しい気持ちになります。

書こうか書くまいか迷っていましたが
ちょっとだけ今の心境をお伝えします。

私はここJondalやKristiAneVevに来ると、とても命を感じます。
生きていて、命が輝いて居るんだなと思ったりします。
同時に感謝も感じます。

日本は災害の多い国です。国土の成り立ちをとって考えてみて
もそう言う場所であると言うのは明らかです。
私は今、遠い国から日々を綴っておりますが、
今の日本の状況を思うと、ただ日々をお伝えしているだけでいいのか
悩ましく思うところです。

美しい空

ただ、命は尊くてあったかいものだと言う思いだけは
強く持っています。
与えられている命は燃やさなければならないと思います。
私に出来る事があれば、それに取り組みたいです。
全てに無事息災を願わずにはいられません。

ではまた!

2018年7月12日木曜日

ノルウェー語と私 その6

どんどん日焼けします、いとうあやこです。
現地7月11日(水)、晴れのち小雨のち晴れ。


ノルウェー語と私シリーズ。
前回は1回目のKristiAneVev滞在まで書きました。

ではその滞在を終えてからと言うと。。。
日本に戻ってから、ノルウェーでの刺激的な経験が忘れられず、
ノルウェー語を習うことにしました。

色々探しホームスクールに通う事にし、Ny i Norgeという本を
最初に使ったのを覚えています。
そもそもノルウェーは国土の大きさは日本とさほど変わりませんが、
人口が5〜600万人ほど(多分)しかおりません。
国を動かす、という意味でも移民が日本より多く存在します。
ですので、このNy i Norgeも教科書の中には外国から来た人の
暮らしなどが取り上げています。
移民も学べるという事なのかもしれません。

この本を元にホームスクールで勉強をしましたが、なんとも
教科書を開いて読み書きする勉強だけではやは、
あんまり頭に入って来ませんでした。
一度KristiAneVevを訪れた事でもう一度行こうという気持ちだけは
本当に大きかったので、勉強自体は週1回程度続けました。

そして2回目のノルウェーですが、その時はひと月ほど滞在したと思います。
その時はタペストリーを1枚織るための滞在だったはず。。。

こう言う柄の小さなタペストリーを織りました。

それまで、ただただ教科書を進めていたのが役に立ち、
教科書に出て来たフレーズや日常がありありと目の前に現れて
急にノルウェー語を理解し始めた事に気づいたのを覚えています。
特に時計の読み方だけは日本で勉強してよかったです。
数字の読み方捉え方や計算は本当に頭を使います!
ちなみに13時20分をノルウェー語でいう場合、
14時の30分前の10分前みたいな言い方をします。
この感覚はいまだに難しいです。

でも少しでも勉強を続けていてよかったなと思いました。
ただし、ここから方言という悪魔が私に忍び寄るのでした。。。
続く。

ではまた!

2018年7月11日水曜日

特別な記念日

天国みたいな気持ち、、、いとうあやこです。
現地7月10日(火)30度。 暑い!暑い日です!!

今日は日本人の友人がJodalを訪れてくれました。
ノルウェーに触れている日本人に会うというのも
学びになることが多いです。
KristiAneVevはJondalにありますので、どうしても
ここへ来るのは大変です。
時間もお金もかかります。

でも時間を作ってくれた友人には本当に感謝しています。
ここにいると私はいつも感謝で溢れることができるので、
幸せな気持ちになります。

これが私のノルウェーでKristiAneVevです。
生きていて感謝がたくさんできるのが幸せなんです。
これをうまく作品を通して伝えられたらいいけど。

私の好きなショパンでお祝いしてくれました。
夜想曲8番

ピアノが鳴り出したら突然ピアノの横に現れてスッと座った男の子が
とっても可愛くてKoselig!という感じ。
みき氏の演奏はピアノ自身と曲を最大限生かす!と言った印象で
音と楽器の間に居るそれはもう美しい鎹のような演奏です。
ピアノも調整したばかりだったようで、アップライトなのに元気で
大きな音でした。
綺麗な気持ちになりました。

この地域の楽器Hardingfeleでソロ演奏!

教会の中ではHardingfeleの音が反響して地域色豊かな
気持ちになりました。けいすけ氏は楽器を創作する方で、
演奏家さんでは無いのでいい意味で地元の香りがして
素朴な気持ちになります。
崖の端っこに座ってフィヨルドを眺めてるようなリアルな印象です。


以前から感じていましたが、ノルウェーで何か学ぶ人は
音楽関連の人が多い印象です。
個人的には世界が違うところにいる人たちだなといつも
思っていたのですが、
触れることで新しい学びもあります。
同時に私は意外と音楽が好きなのかな?と思ったりもしました。
二人にとっても今日の出来事が心情の一頁になるような経験に
なっていればと願った日でした。

私の見たものを誰かに伝えられたかもしれないと思うと
私にとっては大きな意味のある日になりました。
ケーキ焼いたのに写真取り忘れた!他にも撮り忘れた写真が多すぎる!
心の中に焼き付けておこう。。。

Tusen hjertelig takk for venner og alle!
Alt er så flott og fantastiske.
Eg følte stor hjertevarme.
ありがとう!
ではまた!

2018年7月10日火曜日

赤も夏の色

こんなに過ごしやすくていいんだろうか、伊藤文子です。
現地7月9日(月) 晴れ21度。

こんなに素敵な毎日でいいのかなぁ、と思いつつ過ごしております。
晴れている日は本当にきれいです。

陽が長いので毎日毎日ベリー類がどんどん成長します。
とりわけスグリが美しく、
赤い色が太陽に透けてもう宝石みたい。



フサスグリ



黒スグリ

ベリーソース

赤い色は夏にはあんまりみたくないなぁと言うのが
日本人の心情かもしれないけれど、
ここにいると爽やかでフレッシュで本当に綺麗な色だなーと思います。
フサスグリと、ラズベリー、いちごの混ざったソース。
火を通さないでただ、お砂糖と混ぜただけです。
でも本当に美味しい!
どうやってこの感動を伝えようかと思いつつ毎日過ごしています!

今日は自分でご飯を作ってたべたので久々の和食でした。
二色丼と御御御付けにサラダ 緑茶も。

ではまた、Takk for i dag!